青山カウンセリングルームは5つの心理療法~東京で駅近便利

過換気性症候群(過呼吸) | 認知行動療法と3つのセラピーの青山カウンセリングルーム


テーマ:

心身症の一つで、精神的な不安により過呼吸となり、手足や唇の痺れや動悸、目眩等の症状が引き起こされる。

血液中の酸素と二酸化炭素のバランスが崩れ、酸素過多になり、二酸化炭素不足となる状態により、様々な身体的症状を引き起こす。
症状がでたときの対処としては、紙袋などに口・鼻をあて吐いた空気を再度吸い込むという行為をくり返し、血中の二酸化炭素濃度を上げることによるものがいわれている。

 

心因性による場合、自律神経を整えるような対処やストレス対処が必要です。早期に専門医療機関やカウンセリングを受けることをおすすめします。

 

カウンセラー大野は過呼吸がたび重なりパニック障害になりました。対処、経験値よりご相談に応じられますので、お気軽にご相談ください。

 

参考リンク ウィキペディア

topに戻る

東京港区のカウンセリング、青山カウンセリングルームはセラピスト養成スクール青山ココロコートが運営しています。認知行動療法・ヒプノセラピー・マインドフルネス認知療法・コーチングなど様々な悩みの改善に向け最善最適をつくします。
悩み、相談事などお一人で抱えていることがありましたら、お気軽にご相談ください。

Copyright © cocolocourt All Rights Reserved.

PAGETOP